新着情報

熱中症だけでなく、脳梗塞にも注意しましょう。

今年も、夏の暑さが長く続きそうです。
皆様、熱中症には気をつけた生活をなさっていることと思います。
水分を取る、エアコンを適切に使う、体温を下げられるような工夫をする、など考えられる様々な方法を試されているのではないでしょうか。

脳梗塞の初期症状は、熱中症とよく似ているそうです。
熱中症だと涼しい場所に移動して、体を冷やしながら様子を見ようということになりますが、脳梗塞の場合は一刻も早く専門医がいる病院で診てもらうことが必要です。

脳梗塞は血の塊が血管を塞いでしまい、血液が脳細胞に酸素や栄養を運べなくなるために、急速に脳がダメージを受けてしまう病気です。
脳梗塞を誘発する最大のリスクは高血圧と言われていますので、血圧の高い人は日頃から注意が必要です。

手足のしびれ、麻痺して歩行困難、ろれつが回らないなどの症状があった場合は一刻も早く専門病院で検査してもらいましょう。
脳梗塞を防ぐには、就寝前と起床後にコップ一杯の水を飲むことが予防の基本と言われています。

関連記事

  1. 営業時間変更
PAGE TOP